【慌てないために】今から知っておきたい葬儀の準備リスト

決めてたおきたい4つのことの写真

決めてたおきたい4つのこと

普段気にしませんが、誰にも必ず訪れるものとして葬儀があります。準備しておくようなことはあまりしませんが、形式が決まっているので勝手にやるわけにはいかないので慌てて行うようになります。家族に聞ける内容でもないので当事者になると精神的に厳しい状態になります。少しでも落ち着いて進められるためには最低でも4つのことを決めておくと良いでしょう。まずは誰が喪主になるかと言うことです。基本的には故人との関係によって優先順位にそって決められます。最上位は、故人の配偶者になります。ついでご子息になりますが、複数いた場合には次男、三男と言う順番です。ご息女はその後で、同じように長女、次女の順になります。いずれにも該当しない場合には、故人の両親、兄弟姉妹、親戚のような順番です。訃報連絡リストも重要で、連絡先を確認しておくだけではなく、親戚については連絡をお願いする人まで決めておくと良いでしょう。参列してもらえなくて苦情があったと言うことがないように注意が必要です。そして葬儀形式を決めておくことも重要です。家族葬や一般葬、直葬などがありますが、形式によって費用や場所が変わってきます。希望があったとしても金額が見合わないと言うこともあります。また、付き合いを考えると最低参列者数が決まってくるので確認して起きましょう。最後に葬儀社を決めておくと安心です。宗派や形式で対応可能かと言うことも確認しておかなければいけません。自宅以外に安置場所が確保してもらえるかと言うことも重要です。生前に相談をすることもできるので、いろいろなところを検討しておくことをお勧めします。

葬儀 川崎