【慌てないために】今から知っておきたい葬儀の準備リスト

臨終から安置まで

臨終から安置までの写真

葬儀の前にご遺体を安置しておく必要があります。まず最初に死亡が確認されてご臨終となります。自宅で容体が悪くなった場合でも、個人が死亡を判断することはできません。必ず医師によって判定してもらう必要があります。その判断の根拠として死亡診断書を発行してもらうことができます。病院では看護師が遺体をきれいにしてくれます。体液が出ないように脱脂綿を詰めたり、アルコールで全身を拭き浄めるところまでが基本となります。この費用は保険適用外なので実費で請求されます。必要経費として1万円から5万円を想定しておいた方が良いでしょう。病院では霊安室に安置されますが、一時的なものなので葬儀までの安置場所を探す必要があります。火葬場の混雑状況や日取りによって長い時間かかるような時には、それなりの設備があるところで管理してもらえた方が安心です。例えば葬儀式場や火葬場、葬儀社の保冷庫などが考えられます。個人では対応が難しいので、葬儀社にお願いすることになります。自宅で安置する場合でも、ご遺体の搬送や保冷のためのドライアイスの準備なども必要です。安置場所を決める時には、お願いする葬儀社が決まっている必要があります。特に決まっていない場合は、病院からご紹介いただくことも可能です。そのまま葬儀をお願いしても構いませんし、安置までをお願いして、葬儀自体は別の葬儀社にお願いすることも可能です。あまり時間がないので、即断することが求められます。